大使挨拶

  • 本欄に画像を表示
このたび,在チュニジア日本大使として着任した清水信介と申します。

私は,1985年に外務省に入り,アジア,欧州,国連代表部など8カ所で海外勤務をして参りました。チュニジア在勤は初めてですが,3回のフランス勤務などを通じて,チュニジアの方々との交流があり,以前より親近感を持っておりました。
チュニジアと日本は,2016年に国交60周年を祝いましたが,多くの面で深い交流の歴史を刻んでいます。例えば、赴任前に,石巻市,柔道の講道館,筑波大学の関係者の方々とお会いし,それぞれの分野で暖かい人と人との交流を積み重ねていることを知りました。こうした方々をはじめ,両国の友好関係を支えてこられた全ての方々に敬意を表します。
チュニジアは,アラブの春を経験した国の中では,民主化を成功させた唯一の国です。今後,同国が,日本と価値を共有するパートナーとして安定的に発展することは,大変重要です。ODA等を通じて,インフラ整備や人材育成の面を始め,日本の持つ技術やノウハウを活用して,チュニジアの改革を支えていきたいと思います。
また,チュニジアは,民主主義に加えて、海洋国家、豊かな歴史遺産や、人材育成重視の政策など日本と多くの共通点があります。その意味で、両国は自然なパートナーであります。両国の交流を政治,経済,文化,スポーツなどあらゆる面で、潜在性に見合った水準に引き上げていきたいと思います。
また、こうした関係発展の基礎として、在留邦人の方々や来訪される日本人の皆様の安全確保は、大使館の優先課題です。引き続き適切に安全に関する情報を提供してまいります。

大使館が効果的に活動していくためには、皆様のご意見、ご助言は大変貴重です。どうぞご遠慮なく以下のメールアドレスにご連絡ください。

代表メールアドレス: eoj.tunis@tn.mofa.go.jp 
領事メールアドレス: eoj.consul@tn.mofa.go.jp 
広報文化メールアドレス: culture@tn.mofa.go.jp 
経済・経済協力メールドレス: apl@tn.mofa.go.jp 


                                                                          在チュニジア日本国大使
                                                                                 清水 信介