開発協力案件 2021

2021/4/26

2021年4月22日

                   
                       

「マハレス孤児院通学用通学用ミニバス整備計画」引渡式(草の根・人間の安全保障無償資金協力)


2021年4月22日、スファックス県マハレス市において、清水信介駐チュニジア日本国大使は、スファックス県知事(M. Anis OUESLATI)、マハレス市長(M. Hammadi CHANIOUR)立会いの下、「マハレス孤児院通学用ミニバス整備計画」の引渡しを行いました。
本計画は、「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の枠組みで、約17万DTを供与し、同協会の保護・養育する孤児への通学用ミニバスを整備するものです。同バスは、週末や休暇期間中は課外・文化活動に使用されます。
 

2021年3月19日

                                                

「ジャンドゥーバ県フェルナナ市エル・ホメル小学校改修計画」引渡式(草の根・人間の安全保障無償資金協力)(2021年3月19日)


2021年3月19日、ジャンドゥーバ県フェルナナ市エル・ホメル小学校において、清水信介駐チュニジア日本国大使は、ジャンドゥーバ県知事(M. Ali MARMOURI)、ジャンドゥーバ教育委員長(M. Riadh OUESLATI)立会いの下、社会連帯相互扶助協会ガルビ会長(M. Yosri GHARBI)との間で、「ジャンドゥーバ県フェルナナ市エル・ホメル小学校改修計画」の引渡しを行いました。  
本計画は、「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の枠組みで、約20万5千DTを供与し、山岳地帯に立地するエル・ホメル小学校の敷地内の傾斜を平坦化した上で、運動場を整備し、また、校舎、トイレを改修したものです。本件の実施により、同校の教育環境を包括的に改善でき、児童がより良い環境で学習可能になります。


 

2021年3月11日

                                             

「タタウィン県通学用ミニバス整備計画」引渡式(草の根・人間の安全保障無償資金協力)(2021年3月11日)


               2021年3月11日、タタウィン県スマル市キルシャウ小学校において、清水信介駐チュニジア日本国大使は、タタウィン県知事(M. Adel OUERGUI)、タタウィン教育委員長(M. Ali MESSAADI)立会いの下、「タタウィン県通学用ミニバス整備計画」の引渡しを行いました。
 
                本計画は、「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の枠組みで、約16万DTを供与し、30人乗りの通学用ミニバスを整備するものです。同バスは、タタウィン県スマル市キルシャウ小学校の、通学手段に困難を抱える小学生の送迎に利用されます。また、週末や休暇期間中は課外・文化活動に使用されます。


 

2021年2月25日

                                          

「シリアナ県バルグー市女性支援農業研修施設整備計画」引渡式(草の根・人間の安全保障無償資金協力)(2021年2月25日)


              2021年2月25日,バルグー市農業研修施設において,清水信介駐チュニジア日本国大使は,シャアンビ手工芸推進協会長(M. Taoufik SAOUDI)との間で,「シリアナ県バルグー市女性支援農業研修施設整備計画」の引渡しを行いました。


               本計画は,「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の枠組みで,約21万5千DTを供与し,年間約160人の女性が農業研修を受講することが可能となります。同研修施設では,地域の特産物である,チーズ,ジャム,フルーツジュース,ビネガー,アロマ植物,薬草,穀物の加工研修が実施されます。本件により,地域の女性の失業率の改善と収入の増加も見込まれております。